交通事故 慰謝料 相場

交通事故 無料相談

あなたは交通事故にあったことがありますか?交通事故が起こった際には、相手への治療費や慰謝料が発生します。治療費などは病院での明細をもとに払えばいいのですが、慰謝料に関しては別です。慰謝料は被害者の精神的苦痛に対する費用です。ですので被害者が望む額を支払う必要があります。しかしそれではいくら払えばいいのか、またいくら請求すればいいのかわかりませんよね。交通事故の際の慰謝料は自賠責法と弁護士によって相場が違ってきます。弁護士の場合は交通事故の状況や事故後の状態によって金額が大きく変わってきますので、これと言った相場を決めるのは難しいことです。しかし自賠責法であればある位程度の相場が決まっているので紹介します。まず傷害の場合は一日につき4200円支払われます。4200×入院日数や通院日数が慰謝料となります。次に後遺障害の場合です。これはどの程度の障害かによりますが、32万〜1600万の支払いが行われます。死亡した場合は本人に350万、遺族が請求した場合は一人に550万が支払われます。請求人数によっても金額が変わってきます。ただ自賠責保険によっては上限が120万と決まっていますので、これを超える慰謝料については加害者本人が支払うこととなります。このように相場は様々な点で変わってきますので、相場も幅広くなってきます。不安な人は弁護士などに相談することをおすすめします。

 

交通事故 無料相談

交通事故後は様々な処理に追われると思います。自分、または相手が怪我を負っている場合は慰謝料に関することなども考えなければなりません。こういったことを一人でやろうとすると、中々手が回らないと思います。特に慰謝料に関することは自分の判断では決められません。慰謝料は相手の精神的苦痛に対するお金なので、相手が勝手に決める場合もあります。納得できる金額であればいいのですが、法外な金額を言われてはたまったものではありませんよね。そんな時に相談する場所として、弁護士事務所や交通事故相談センターなどがあります。日弁交通事故相談センターでは弁護士による無料の電話相談を受け付けています。相談できる時間が10分程度と限られているので、細かい状況を話す余裕はありません。なので電話での相談で話がまとまらない場合は、面談も可能です。全国に面談できる場所を設置してあるので、日弁交通事故センターのホームページを見てみましょう。弁護士事務所に関してはアディーレ法律事務所などがあります。アディーレ法律事務所は無料で相談を受け付けていますし、初期費用もかかりません。成功報酬は発生するので、依頼終了後に支払う形となります。交通事故の無料相談を受け付けているところは意外に多いものです。一人で悩まずに相談しましょう。
交通事故 無料相談

日本法規情報サポート

交通事故 無料相談

日本法規情報は法律に関する様々なトラブルに対応しています。相談内容を聞いたうえで、内容に適切な相談窓口を紹介してくれるのです。日本法規情報には相談窓口サポートセンターがあり、そこで相談をすることで窓口を紹介してもらうということです。サポートセンターは様々な専門家がいます。例えば一番多いとされる離婚問題の相談。離婚問題はとても複雑なものです。ただ嫌いになったから離婚という夫婦は少ないですし、嫌いになった理由も人によって違います。DVなどの問題であったり、性格の不一致ということもあります。日本法規情報では今までの相談者の事例を保管しており、それをもとに相談者に最適な窓口を紹介してくれます。相談者に何が必要かを考えてくれますので、きっとあなたの離婚問題に最適な窓口を教えてくれるでしょう。最近とても多いと言われているのが相続問題に関することです。日本法規情報には相続・遺言相談窓口案内サービスがあります。この窓口で対応してくれるのは法律のプロではありませんが、相談者が適切な窓口に出会えるようにサポートしてくれます。相続問題もとても複雑なものです。遺言に関することで後々揉めたというケースも多々あるので、プロに相談してきちんとしておきましょう。このように日本法規情報は相談者のサポートを全面的に行っているので、安心して相談できますよ。
交通事故 無料相談

 

交通事故 無料相談